2007年エベレスト清掃登山 , 富士山清掃

2007/03/20

エベレスト出発

 いよいよエベレストです。明日(3月20日)日本を発ちます。4月4日までネパールで高所トレーニング。5日にネパール・カトマンズからチベットのラサに飛び、10日にエベレストベースキャンプ入り。4月15日にエベレスト・富士山同時清掃活動を行いその様子をエベレストと富士山で中継します。富士山清掃に参加して下さった方々とはスクリーンを通してお会いできる。一緒に山を綺麗にしましょう!

 
 

そして同時清掃後からエベレストの山頂を目指し予定では5月20日をアタック予定。10年ぶりに目指すチョモランマ(エベレストのチベット側)の山頂。エベレストと関わり続けてちょうど10年目。こうしてまたチョモランマの頂を目指せるチャンスに恵まれた事に感謝。チョモランマの借りはチョモランマでしか返せない。周りからは「いまさらエベレストに登る必要もないじゃないか。そんなリスクを背負う必要はない」と言った声も聞こえてきます。心配してくださった上でのアドバイスですが、しかし生きていれば時にリスクは背負わなければならないもの。賢くなるとその当たり前の行動がとれなくなる。あまり人生に器用になりたくない。確かに挑戦を続ける事は怖い。しかし、途中で投げ出して何もない自分に戻る方がもっと怖い。どっちにしろ怖いのならば、挑戦したほうがいい。
 
 登山家は強靭な精神力を持っていると思われるかもしれませんが、チョモランマ挑戦を前に正直とても怖い。36回、ヒマラヤに挑戦してきても毎回とても怖い。そんなものです。ただ、全身で怖いと感じる事で生きている事を実感もする。精一杯生きると言う事は簡単なようでとても難しい。命を賭けることでやっと本気になれるのかもしれない。こんな生き方が正しいのか分からないが、でもずっとそうであったようにこれからも自分の夢に正直でありたい。


 富士山清掃隊長は昨年に引き続き女優の若村麻由美さん。若村さんの「野口さんはチョモランマに専念してください。富士山は私が引き受けます」との言葉に甘えてチョモランマに専念させて頂きます。若村真由美さん、そして富士山クラブのメンバー、協賛企業、清掃活動の参加者や応援してくださる方々、そして私のスタッフに支えられてここまでやってこれました。その全てに心から感謝しています。

 これからもアルピニストとして冒険、そして多くの仲間達と環境問題に取り組んでいきたい。

壮行会1

壮行会2

壮行会4



壮行会6

壮行会8

壮行会9

(写真をクリックしたら大きくなります)

エベレスト出発と同じカテゴリの前後4件

2007/03/23 ネパール・カトマンズ入り
2007/03/23 無事出発しました。

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216