ホーム

ブログ

2012年マナスル・ムスタン登山

「~ロバに逃げられ、そしてサリブンBC入り~」

2012年マナスル・ムスタン登山

2012/04/28

「~ロバに逃げられ、そしてサリブンBC入り~」

フーガオン村(4100M)からベースキャンプに向けて出発。ベースキャンプ(5200M)まで一気に標高を上げるとキツイので中間にあるカルカ(4500M)で一泊。(カルカとはヤクの放牧などに使われる無人小屋)。

b101.jpg丘の上をよく見るとフーガオンの村が。

b108.jpgフーガオン村にテントをはる

b113.jpg

その翌日にBC入り。フーガオン村もなかなかの雰囲気でもっとじっくり撮りたかったけれど、サリブン峰から下山したらゆっくりと撮影しよう。今はサリブン峰登山に集中しよう。

b103.jpg

b112.jpg民家でお茶をご馳走になる。

b114.jpgフーガオン村でビール

中間にあるカルカに到着し、ロバから荷物を下ろしテントを立てお茶を沸かし、ホッと一息入れリラックスしたその瞬間にテントの表にいたシェルパが「ロバが逃げた!」との叫び声。「えっ!ロバが逃げた!」とアンビリーバボー。慌ててテントから飛び出したら反対側の尾根に9頭のロバが歩いて山を下っているではないか。

反対側の尾根に行には我々がいる場所から一回下り川を渡ってから反対側の尾根に登らなければならない。いつの間に・・・。ロバ使いがシェルパのテントの中でカードゲームに熱中している間に逃げ出していたのだ。ポーターに逃げられ、今度はロバに逃げられ、いやはや、なんて間抜けな隊なんだ。ロバ使いは「ハッタリカ!(チクショウ)」と捨て台詞を吐いたと同時にロバの方へダッシュ。しかし、かなり距離が離れているので果たして追いつくのだろうかとハラハラドキドキ。ロバに見捨てられたらそれこそ我が隊は途方にくれるしかない。進むことも撤退することも出来ないわけで。

b111.jpgサリブン峰に向けてキャラバン

b102.jpg

b107.jpg

約2時間後、9頭のロバと共にロバ使いが帰ってくる姿を見て歓声が上がる。ロバ使いの話ではロバにとって4000Mを超える標高は寒いとのこと。ヤクなら問題のない標高でも毛の短いロバには堪えるのだ。それを聞いたらロバさん達が可愛そうで。またロバの悲しげな瞳。「明日はベースキャンプ。もう一日頑張ってくれたら暖かい所に下れるからね」と声をかけておいたが伝わったかどうか。

b105.jpg

b110.jpg

そういえばスコット隊が南極点を目指した時に馬を使用したが、寒さで馬が身動き取れなくなりそして馬の多くが死んでいったとか。それに比べアムンゼン隊は犬を使用。それらの結果、アムンゼン隊が世界初南極点到達に成功したがスコット隊は遭難し全滅。学生時代に読んだ「世界最悪の旅」という本を思い出していた。ただ「南極とヒマラヤは違うから」と自身に言い聞かせていた。

4月27日。いよいよベースキャンプへ。午前中は晴天であったのに午後から雲行きが怪しくなり、あっという間に雪にそして吹雪に。ベースキャンプ手前約1時間の地点で雪が深くなり「これ以上先はロバには無理」との事でベースキャンプ1時間手前を我が隊のベースキャンプにした。これでロバの諸君はサリブン登山が終了するまではフーガオン村で待機。本当にお疲れ様でした。風邪をひかなければいいのだが。

b106.jpgここが野口隊のBCに。


b109.jpg寒い中、お疲れ様でした。ありがとう。

我が隊に何度かサリブン峰に登ったことがあるシェルパがいるが、彼がしきりに「ベースキャンプ手前に雪があるのは初めて。今年は雪が多い」とブツブツ。確かにキャラバンを開始して約3週間。この3週間、どれだけ雨に降られてきたことか。上部になれば雨が雪になるわけで。「とにかく雪崩には気をつけよう」と皆で話し合った。明日は上部キャンプ付近までの偵察。ベースキャンプから上の雪の状況を確認しなければ。焦らずジックリと様子を見ながらサリブン峰登山を開始したい。

b104.jpg

2012年4月27日 サリブン峰ベースキャンプにて 野口健

「~ロバに逃げられ、そしてサリブンBC入り~」と同じカテゴリの前後4件

2012/04/25 雪の砂丘で深呼吸
2012/04/26 未知の世界へ
2012/04/30 サリブンベースキャンプより連絡あり
2012/05/01 サリブンBCより

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216