ホーム

ブログ

ポカラ小学校

夢に向かって~ネパール人青年ウパカルの歩み~ 第2章 絶望の日々、輝ける1冊

ポカラ小学校

2020/11/20

夢に向かって~ネパール人青年ウパカルの歩み~ 第2章 絶望の日々、輝ける1冊

安い弁当工場だけでは学費が間に合わないので、もう一つバイトを探すことにした。しかし、ウパカルの顔を見るだけで面接さえしてくれない所もあった。それでも、とあるラーメンチェーン店が採用してくれた。面接をしてくれた店長はウパカルの
「死ぬ気で頑張る」
という言葉に感動したと言ってくれた。だが、従業員からかけられた言葉は、
「世界一貧乏な国から来たんじゃろ?」
という差別的なものだった。
 そこから辛い日々が続いた。言葉の暴力だけではなかった。熱い麺を投げられた事も一度ではない。
精神面でも、肉体面でも辛い二つのバイト。寝る時間が削られ、嘔吐が続き、ついに血も吐くようになった。体重は40 キロ半ばに。痩せこけた顔は、自分のように見えなかった。
20歳も超え、その頃ようやく携帯電話を手に入れたが、両親にこんな姿を見せるわけにはいかない。食べてもない美味しそうな食事を写真に撮って送っていた。
いつものように学校の授業を終え、自転車に乗ってラーメン店に向かう途中、頭がグルグル回りだしたかと思うと、目の前が真っ白になった。気がつくと、途中にあるスーパーの自転車置き場に倒れ込んでいた。自力で起き上がることはできなかった。
どれぐらい時間が経ったのか分からない。「救急車呼ぶからね!」と言う声に、必死で「大丈夫です!」と反応していた。救急車で運ばれるところをバイト先の人に見られたら「もう来るな!」と言われるような気がしたからだ。
「じゃ、車に乗って。そこの病院連れてくから!」
救急病院で一晩中点滴をしてもらった。「過労と栄養失調」と診断され、入院をすすめられた。だが、学校もバイトも穴を開けることはできないので、次の日には病院を出るしかない。病院へ運んでくれた人は、時々ラーメンを食べに来ていた牧野という女性だった。
「こんなになるまで働かんといけんの? 国の親が知ったら泣くよ」
その言葉を聞いた途端、涙が止まらなくなった。

その後も何度か病院に検査へ連れて行ってもらった。何回目かの病院の帰りに、牧野は、一冊の本をプレゼントされた。野口建の『100万回のコンチクショー』。牧野は、こう言った。
「この本は、十年前に岡山市民会館で行われた野口さんのトークショーで、サインを書いてもらった大切な本なの。必ず勇気がもらえるから頑張って読んでごらん。懐かしいネパールのことも書いてあるよ」
本の前半、野口が幼稚園で「外国人」と言われ、差別を受け泣いて帰った場面がある。ウパカルは、そこで泣いていた。日本の本を読んで泣いたのは、初めてだった。
ウパカルは夢中になって読んだ。誰の力も借りず自分の力で読みたかった。分からない言葉や意味も必死になって調べた。
授業と二つのバイトを終え、部屋で『100万回のコンチクショー』を読む時間は至福の時だった。体は早く横になりたがっていたが、心は夜更けまで読書を求めていた。ウパカルはそこで様々な日本語と、これまで知らなかった世界を知ることができた。
野口に対して、尊敬と感謝の気持ちが溢れてきた。牧野からは、『落ちこぼれてエベレスト』も頂いた。野口が、冒険家・植村直己さんの本により人生が変わったと語るシーンは印象的だった。それはきっと、自分もまた、野口の本との出会いにより、生きる力をもらえていたからだろう。

いつも通り授業を終え、バイトに向おうとしていると牧野から
「来月末の土日の二日間、何があってもバイト休みをもらうこと。必ずね!」
とメールが入った。
どんなに疲労がたまっていても、バイトを休んだことのなかった。だが、牧野からの連絡である。無理を言って休みをもらった。牧野に
「いきなりどうしたんですか?何かあるのですか?」
と聞くと、
「夜行バスに乗って新宿まで行って、バスを乗り換えて山梨に行くよ!」
最初は言っている意味が分からなかった。驚くことに牧野は、こう続けた。
「富士山の掃除に行くんよ。そしたら一番会いたい人に会えるから!」
「健さんに会えるんですか‼」
体中に電気が走ったようなその瞬間を、ウパカルは今でも覚えている。
学校にも、バイトにも、精が出た。
牧野との約束の日、倉敷のバス乗り場を夜 20時に出発し、新宿には翌朝6時半に着いた。その間、嬉しさと緊張のあまり一睡もできなかった。
新宿に着くと、山梨行きの小田急バスに乗った。
『ミレー 野口健と行く富士山清掃』と書かれたプレートがあった。
本当に会えるのだ。ウパカルは信じられない気持ちでいっぱいだった。

ウパカル ラーメン屋さんでアルバイト

ラーメン屋さんでアルバイト

野口健とウパカル、富士山清掃で初めて会うことができた

野口健とウパカル、富士山清掃で初めて会うことができた

写真 ウパカル 文責 大石昭弘

野口健が理事長を務める認定NPO法人ピーク・エイドでは、ネパールポカラ村の小学校支援を行っています。

20201113155209.jpg

みなさまのご支援、よろしくお願いいたします。

カテゴリー別

取り組み (1)

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216