ホーム

ニュース

低酸素室にてのトレーニング模様を公開!

2006/03/09

低酸素室にてのトレーニング模様を公開!

2006年に入ってから野口は多忙なスケジュールの合間をぬって、4月からのマナスル・富士山同時清掃登山に向けての本格的なトレーニング を開始しています。東京にいるときは、野口が普段からお世話になっている三浦雄一郎氏が運営する三浦ベースキャンプ内の低酸素室にてトレーニングを行いま す。低酸素室とは酸素を部屋から抜き、高所と同じ状態を作り出す特殊な部屋です。この日は2時間ほど約4300メートルの高度に設定された部屋で無言でト レーニングを続けました。筆者も入ってみたのですが、10分ほどで血中酸素濃度が低くなり、頭痛と軽い吐き気を催しました。いやはやとんでもないトレーニ ングがあったものです。トレーニング終了後は、高所障害のリカバリーに用いられる高圧高酸素チェンバーという疲労回復装置に入りました。かのベッカムも愛 用するという最先端技術を駆使して作られたカプセルの中でしばしの休憩をとりました。今後も野口のトレーニングは続きます。

 

高圧高酸素チェンバーに入る野口。低酸素室でのトレーニング後にこのカプセルに入ることによって、効率の良いトレーニングが可能となる。

News 検索

Loading

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216