ホーム

ブログ

2007年エベレスト清掃登山 , レポート・インタビュー記事

隊員レポートⅢ/チベット自治区ラサ市へ

2007年エベレスト清掃登山 , レポート・インタビュー記事

2007/04/06

隊員レポートⅢ/チベット自治区ラサ市へ

いつものようにバタバタと準備に追われて
ほとんど眠れぬままのカトマンズ脱出となった
無事、ラサ行きの飛行機に乗ると
健さんも淳くんも、あっという間に深い眠りに落ちてしまった!
このラサ行きの飛行機は
「ヒマラヤ越えフライト」をする
つまりエベレストのすぐ傍を飛んでいくのだ
眠っている場合じゃないよ

ヒマラヤ越え撮影中

と思ったら、エベレストの脇を通る時は二人ともちゃんと起きて撮影している

普通、国際便の飛行機内は標高2700m位の気圧に設定されているけれど
このラサ便の機内は標高3400m位の気圧に設定されていた
それは多分、これから行くラサの標高が3700m程もあるからだろう
普段海抜0mにほど近い所で生活している日本人にはつらい標高だ
乗客の中に、意識を失って一瞬倒れてしまった方もいた
急性の高度障害ともいえる
眠い、のは酸欠のせい
そして眠ってしまうと呼吸が浅くなってしまい、ますます高度障害が出やすくなる

だから、標高3700mのラサに着いて
「眠くても眠っちゃダメなんだぞ、淳」
と眠がる淳君を起こしていた健さん

淳、寝るなよ~!

「健さんこそ眠っちゃダメですよ」と淳君
次の瞬間には二人とも眠りに落ちておりました

健さん、眠っちゃダメですよ~_

結局二人とも眠りこけてる・・・!

この二人、ドクターけいの手に負えませぬ

谷口けい 2007.4.6

隊員レポートⅢ/チベット自治区ラサ市へと同じカテゴリの前後4件

2007/04/05 格差社会の現実
2007/04/05 バタバタのカトマンズ
2007/04/07 変わり果てたラサ
2007/04/10 隊員紹介

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216