2024年の記事

寝袋支援活動は一旦休止へ

寝袋支援活動は一旦休止へ
能登半島地震支援

2024/02/20

総社市と連携しスタートさせた「寝袋支援プロジェクト」。本日で被災地に届けた寝袋は8530個となりました。 しかし、冬山用寝袋の在庫が国内からなくなっては海外から入れてもらいなんとかやり繰りしてきましたが厳しくなってきました。...

次の支援活動へ

次の支援活動へ
能登半島地震支援

2024/02/18

1月5日に総社市の片岡市長と記者会見を行い「寝袋支援プロジェクト」を発表。それから今日まで一気に駆け抜けてきた何時がします。これから新たなアクションを起こす事になりますが、片岡市長とのタッグは最強。 山の頂上からの景色には2...

珠洲市の避難所へ

珠洲市の避難所へ
能登半島地震支援

2024/02/18

珠洲市の避難所に寝袋200個、エアマット50個をお届け致しました。先週、50個の寝袋をお届けしましたが250人いらっしゃるとので、やっと皆さんの分がそろいました。先週、お届けした絵子リストのお米の顔パックが好評でした。絵子さ...

ボランティアの受け入れについて

ボランティアの受け入れについて
能登半島地震支援

2024/02/18

七尾市の茶谷市長、総社市の片岡市長とボランティアの受け入れ態勢について意見交換を行いました。 ピークエイドと総社市は熊本地震の時に共にテント村を立ち上げ運営してきました。これから新たな挑戦が始まろうとしています。茶谷市長、片...

日本の避難所問題

日本の避難所問題
能登半島地震支援

2024/02/18

熊本地震の時に益城町で開設したテント村。多くの専門家が視察にいらした。そこで何度も「野口さん、よくスフィア基準を調べましたね!ここはスフィア基準に当てはめると80点ですよ。日本の一般的な避難所は完全にペケですから。いや〜よく...

7回目の被災地入り

能登半島地震支援

2024/02/17

7回目の被災地入り。七尾市、珠洲市、能登町に向かいます。 今回も株式会社ナベカヰさんが3トントラックを出して下さりました。そして藤岡さんの鼓動館号も久々に合流!!! トラックは避難所へ。鼓動館号のハイエースとピークエイド号の...

先進国の避難所の現状

先進国の避難所の現状
能登半島地震支援

2024/02/11

ピークエイドの現場部隊は心が折れる余裕もなく街から街へと移動の連続。また、被災地でお会いする方々は僕らに気を使っておられるのでしょうか。皆さん笑顔で接して下さり逆に僕らが勇気づけられています。 しかし、ピークエイドの事務局メ...

たくさんの寝袋が届きました

たくさんの寝袋が届きました
能登半島地震支援

2024/02/11

本日、事務所にAmazonリストに入っていたコールマンの寝袋が85個、届きました!!!今回の被災地入りで先週まで1070個あった寝袋がついに底をついていたので、嬉しいタイミング!!! 日々、事務所から在宅避難をされている方々...

珠洲市の現状

珠洲市の現状
能登半島地震支援

2024/02/10

破壊された家屋を見る度にここには生活があり、一家団欒の様子があって、想像しては心が抉られ、しかし、生き延びてさえいればまたなんとかなるとも。無責任かもしれませんが、生きてさえいれば人生は何とかなる。 多くの山仲間を失ってきま...

珠洲市市長と意見交換

珠洲市市長と意見交換
能登半島地震支援

2024/02/10

2月10日、珠洲市に入りました。 避難所で生活している方から、直接依頼のあった寝袋やソーラーランタンを届けに行きました。 そして、珠洲市の泉谷市長と意見交換をさせて頂きました。被災地支援の際、決めていることがあります。被災自...

風に立つライオン基金とタッグ

風に立つライオン基金とタッグ
能登半島地震支援

2024/02/10

ピークエイド(僕が代表のNPO団体)は、さだまさしさんが代表の「風に立つライオン基金」と災害支援協定を結んでおります。昨年のトルコ地震の時からタッグを組んで被災地支援を行っています。能登地震ではラップポン(電動式トイレ)をい...

被災地での偶然の出会い

被災地での偶然の出会い
能登半島地震支援

2024/02/09

昨日、コンビニの駐車場で「健さん!健さん!」とお声がけして頂き、お話をしました。「寝袋を送って頂きました。暖かいです。今日、こちらの方面に来ると聞いていたので、キョロキョロしていました!!!」に長距離ドライブの疲れが吹っ飛び...

復興ご飯

復興ご飯
能登半島地震支援

2024/02/08

輪島市で頂いた復興こばんが美味しかった。地域のお料理屋さんが集まりたきだしを行っています。炊き出しを頂く事に様々な意見があるのは承知しておりますが、その時の状況にもよりますが僕は有り難く頂くことにしました。ビニールハウスで避...

被災地で交流

被災地で交流
能登半島地震支援

2024/02/08

皆さんとの交流は純粋に楽しい。知り合いというか友達が増えていく感じ。 大変な状況下にありながら皆さんの笑顔に心がほっこりとします。 何度も通っているうちに顔見知りの方々も増えていきますし。 この活動とは別に、色々な事が落ち着...

輪島市、能登町、穴水、珠洲へ

輪島市、能登町、穴水、珠洲へ
能登半島地震支援

2024/02/08

今回はトータル5日間。山梨からの往復で2日間。被災地に3日間。初日は輪島市、能登町。2日目は穴水町。3日目が珠洲市となっています。僕は5回目の被災地入りとなりますが、その度に被災された方々と直接、お話できるのがとても嬉しい。...

再び能登へ

再び能登へ
能登半島地震支援

2024/02/07

本日、能登半島に向けて、もりの学校を出発しました。 今回、運ぶ主な救援物資は 寝袋400個、マット210個、生理用品大きめの箱が10箱、携帯ウォシュレット約100個。ティシュは約500個。水のいらないシャンプー100個となり...

土屋さん、珠洲市へ届けてくれました

土屋さん、珠洲市へ届けてくれました
能登半島地震支援

2024/02/05

DPLS-JAPANの土屋さんとフェニックス救援隊の古川さんが先日、ピークエイドに届きました救援物資(寝袋186個、エアマット36枚、キャリーザサン50個を珠洲市の公民館、神社や民家に運んで下さった。有難うございます ...

寝袋支援プロジェクト、大量のゴミを処理していただいています

寝袋支援プロジェクト、大量のゴミを処理していただいています
能登半島地震支援

2024/02/05

「寝袋支援プロジェクト」では、これまでに7000個以上の寝袋などを被災地に届けています。 被災地で問題の一つにゴミ問題があります。出来るだけ、被災地にゴミを出さないように、商品の外箱やビニール、タグなどは外して、被災地にお届...

被災地全域に寝袋を届けます

被災地全域に寝袋を届けます
能登半島地震支援

2024/02/04

ピークエイドは被災された方々から直接、ご依頼があった寝袋などの救援物資を毎日、山梨の事務所から宅配できるエリアに送っています。エリアは被災地全域となります。 1月29日から在宅避難をされている方々への配達を始めましたが、これ...

DPLA-JAPANの土屋さん

DPLA-JAPANの土屋さん
能登半島地震支援

2024/02/04

DPLS-JAPANの土屋さんがピークエイドに届いた寝袋を珠洲市に運んでくださります。DPLS-JAPANは、青年会議所のメンバーOBの方々が立ち上げたボランティア団体。 能登半島地震発生してすぐに、現地での支援活動を行なっ...

カテゴリー別

能登半島地震支援 (3)

地域 (1)

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216