ホーム

ブログ

2012年アフリカ , 2012年アフリカ遠征

エチオピアの山。シミエン国立公園の動物たち

2012年アフリカ , 2012年アフリカ遠征

2012/09/29

エチオピアの山。シミエン国立公園の動物たち

シミエン国立公園には沢山のエチオピア特有の固有種(植物・鳥類・哺乳類)が生息しているとのこと。まず遭遇したのがゲラダヒヒ。はっきり言ってこの山はゲラダヒヒの山と言っていいほどゲラダヒヒだらけ。特徴は胸。オスは逆ハートマークのような。興奮すると赤みが更に強くなるとか。メスのお乳は内側に垂れていて、乳首同士が仲良くくっ付いていて。果たしてあれはあれでいいのかなぁ~。僕的には「?」ですが・・・。
グラダヒヒ1.jpg

グラダヒヒ2.jpg首と胸に赤い皮膚が露出しているのが特徴

グラダヒヒ3.jpgなんとも可愛らしいお乳?

グラダヒヒ4.jpgこの二人何しているの?と観察していたらノミ取りでした。まさかねぇ~。痔の検査じゃないよね・・・。

そして次に出会ったのがワリヤアイベックス。山羊の仲間との事ですが、角が1メートルぐらいある。ガイドに言わせれば「シミエンでは数十頭しか確認されていない」とか。この子は警戒心が強く望遠レンズで比較的遠くから撮影しましたが、途中で盗撮がバレすぐに逃げられてしまった。角だけではなくヒゲも長い!

ワリヤアイベックス1.jpgこれがめったに会えないワリヤアイベックス。角もヒゲも立派!

ワリヤアイベックス2.jpg

そしてカラス!このカラスはとにかくデカい!日本の倍ほどあるのでは。そしてくちばしがゴツイ。鳴き声も二日酔いの時の第一声のようなガラガラ声。どインパクトでした。
カラス.jpgこのカラス、とても大きいです!かなり怖い

ケニア、タンザニアと比べると動物は多くありませんが、それだけに遭遇した時の喜びは大きいかな(ゲラダヒヒだけはどこにでもいる)。
個人的にはゲラダヒヒが楽しかった。一日中眺めていても飽きない。特に朝方は激しく叫びながら走り、木から木へとジャンプ!。喧嘩していると思いきやいきなり交尾を始め。とっ、思ったら突然シーンと澄ました顔をしながら遠くを眺めたりと。

綺麗な小鳥の姿もありましたが、名前は分からず。分かる方がいらしたら教えてください。

鳥.jpg
鳥2.jpgこの鳥たちの名前を知っていたら、教えてください!!

グラダヒヒ5.jpgこんな人、たまにいません?

エチオピアの山。シミエン国立公園の動物たちと同じカテゴリの前後4件

2012/09/20 ラスダシャン峰登頂
2012/09/20 エチオピアの子どもたち
2012/09/29 ゴンダールの世界

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216