2012年アフリカ , 2012年アフリカ遠征

2012/09/29

ゴンダールの世界

ラスダシャン峰から下山しゴンダールへ。ここゴンダールは1636年~1864年までエチオピアの首都。ファシリデス王は民をマラリアから守るために標高2000Mのゴンダールを首都にしたんだとか。またカトリック教会の侵入により多くの争いが起き、エチオピア正教えだけの新しい町の再建であったとも。まず訪れたのがゴンダールの城。2300Mのファシル・ケビの丘に建てられたお城ですが、「不思議な城」と呼ばれているだけあってアフリカにいることを忘れてしまいそうな、まるで中世のヨーロッパ、または宮崎駿さんの世界に迷い込んだような。なんともドラマチックで神秘な世界。ダブラ・ブラハン・セラシエ教会にも訪れましたが、特に天井が圧巻!80体もの天使の顔が描かれている。17世紀に建設されたそうですが、この壁画はほぼそのままの状態で保存されていたそうな。エチオピアには他の東アフリカにはないような文明とうか、歴史を感じる。大自然から里に降りたその日に出かけたゴンダールの街、ロバには馬鹿にされましたが、人類の英知を感じながら、まるで自分が映画の主人公になったような錯覚に陥りそうになり。王子様になってこんなお城に住んでみたいなぁ~とかね。そしてハーレム?

ゴンダールのお城1.jpgゴンダールのお城

ゴンダールのお城2.jpg

ゴンダールのお城3.jpg

ゴンダールのお城4.jpg

ダブラ・ブラハン・セラシエ教会.jpgダブラ・ブラハン・セラシエ教会

教会2.jpg天井には天使の顔が80体も描かれている。この天使は聖ヨハネをイメージしていて、その聖ヨハネが首を切られても50日間の間、首だけで飛んでいき伝道活動を続けたとのこと。故にエチオピアの天使は首に羽が着いているんだとか。

教会3.jpg

教会4.jpg

教会5.jpg

教会6.jpg

教会7.jpg

教会9.jpg

教会8.jpg

ゴンダールの世界と同じカテゴリの前後4件

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216