プライベート , 記者会見 メディア関連

2022/09/10

産経新聞【話の肖像画】10

産経新聞【話の肖像画】10が掲載されました。

それにしても当時の立教英国学院は厳しかったなぁ。伝統的なイギリスのボーディングスクールをイメージしていましたが英国人教師には「今どきのイギリスの学校でもここまで徹底している学校はない」と。とても厳しかったですが、あの生活が僕の土台を作り上げたと思います。

「お前には時間がある。知らない街に行って朝から晩まで歩いてきたらどうだ。自宅謹慎処分には意味はないだろ。更に気持ちが内側に向くだけ。いいから旅にでろ。歩いてこいよ。内側に向いている気持ちが外を向くから。学校にはどうするかって。それは任せておけ。俺は外交官だ。人を騙すのが商売だ」

停学直後、親父さんと2人で会話をした時のエピソード。流石に停学になった事で叱られるかと思いきや、停学期間の時間の使い方が大切だと。そして旅の勧め。「学校の方は何とかしておくから何も心配せずに歩いてくる事だ」

15才の僕にはもう訳がわからず。でもあの旅が人生の分岐点となりましたね。

産経新聞【話の肖像】10

20220916213940.jpg

産経新聞【話の肖像画】10と同じカテゴリの前後4件

2022/09/16 【話の肖像画】15
2022/09/16 【話の肖像画】14
2022/07/29 名古屋で取材

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216