2007年冬ヒマラヤ , トレーニング・体調管理 , ヒマラヤ

2007/01/06

ディンボチェ~ロブチェへ

*写真をクリックすると拡大します。

 高所順応のため、ディンボチェ村に二泊した。残念な知らせが入りアイランドピークに登っていた日本隊のキッチンボーイがベースキャンプにて病死したとのこと。高山病でしょう。高所に慣れている地元スタッフでも体調を崩したまま高所に上がれば危ない。ディンボチェ村(4350m)からロブチェ村(4930m)に向かっている最中に我々がこれから登るロブチェピークが現れた。今回で4回目の挑戦。ロブチェピーク(6119m)登山の前にまずトレッキングピークのカラパタール(5545m)に登り高所順応を行う。カラパタール登山は明日。

カラパタール前

カラパタール前

カラパタール前

カラパタール前

 トゥクラの丘にはエベレストなどで遭難された方の遭難碑が並ぶ。遭難碑を前に「山で死んでいけない」と自分に言い聞かせながらお参りしてきました。午後4時過ぎ、ロブチェ村に到着。カメラマンの平賀淳くんは酷い下痢に悩まされ、歩いてはポトポト落としながら大変そうでした。逆に僕はいつも通りの便秘。日本から下剤を持ってくるのを忘れお腹パンパン。下痢の淳君が羨ましい。夜はさすがに5000m弱だけあり、呼吸が落ち着かず夜はなかなか寝付けない。高所は何回来ても一から高所順応をやらなければならない。一気に標高を上げれば間違いなくコロリとあの世にいってしまう。そろそろ日本のお風呂が恋しくなってきたかな?まだ早いか。明日はカラパタール登山!

カラパタール前

カラパタール前


カラパタール前

カラパタール前

ディンボチェ~ロブチェへと同じカテゴリの前後4件

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216