「メラピーク登山へ」 (写真はHPからも大きく見られます)

 ローアバルンへのコース中にあるWest colの状況が良くないとのこと、またスペイン隊のポータの遭難死など様々な情報が集まり、氷河を越えてローアバルンに向かうのを断念し、メラピーク峰(6470M)登頂、そして95年に決壊したサバイ氷河湖の視察に目標を変更。ローアバルン氷河湖とツラギ氷河湖はサバイ氷河湖視察後に空路で目指す事になった。色々と葛藤もあったが、これでよい。

野口隊一同、目標をメラピークに変更し進む
野口隊一同、目標をメラピークに変更し進む


メララ(5413M)の峠を目指して霧の中を進む
メララ(5413M)の峠を目指して霧の中を進む 

パンツポカリ湖畔にテントを張り、休んだ後にホングコーラ(ホング氷河から流れる川)を二日ほど下り、メラピークのあるメラ氷河にでるメララ峠(5413M)を目指した。ホングコーラの川沿いを歩くのだが、まったくの無人地帯にとても静かでまた長閑であった。エベレスト街道は人・人・人、であり、またエベレスト・ベースキャンプでは軍と警察の監視に辟易していただけに、この無人地帯の裏エベレスト街道?に心底癒されていた。ホング氷河から流れ出る水は真っ白に濁り、硬質でそのまま飲むとせき込むが、横のPeak41(6648M)の麓の地面から湧き出る水は透きとおり美しい。

メララでテントの設営を行う
メララでテントの設営を行う

キャプションなし

澄んだ川に癒される
澄んだ川に癒される(氷河湖からの水ではなく山から焼きだした水なので透きとおっていて美しい)

ホングコーラ、氷河湖から流れる水はこのように白く濁っている
ホングコーラ、氷河湖から流れる水はこのように白く濁っている

過去にメラピーク峰には5回ほど訪れているが、いつもルクラ村からゼトラ峠を越えてメララに上部キャンプを設営しているが、今回は反対側からの挑戦。ホングコーラも私にとっては初めてのコース。明日はメラピークの最終キャンプにテントを張り、29日にメラピーク登頂予定。登頂後、メラピークのベースキャンプであるカーレに下る。

メララ付近から雲の中のメラピーク山頂を眺める。
メララ付近から雲の中のメラピーク山頂を眺める。いよいよ、明日からメラピーク登山!

パンツポカリ湖畔を歩く
パンツポカリ湖畔を歩く

コングミ・ディンマの丘
コングミ・ディンマの丘

このメラピークメララは私にとってはとくに思い出深い山だ。92年に初めてヒマラヤに訪れ挑戦したのがメラピーク。あのときに19歳だった私も今や34歳だ。時間が経つのは残酷なほどに早いものだ。そしてあの時に出会ったデンディー・シェルパとはあれからずっと一緒。95年、彼の弟であるナティーをパンガ村での雪崩事故で失う悲劇も経験した。あの事故がきっかけでシェルパ基金が設立され、いまでは14人ものシェルパの遺児たちがシェルパ基金によって学校に通っている。今回ももちろんデェンディーと一緒だ。

永年の友、デンディーと
永年の友、デンディーと


テント内での夕食・この日はカレーにネパール餃子
テント内での夕食・この日はカレーにネパール餃子


久しぶりにヒマラヤの原点であるメラピークに登りこの16年間を振り返りたくなった。
それでは、次の更新はメラピーク登頂後です。おやすみなさい。

2008年4月27日 メラピーク・メララ付近にて 野口健

メラピーク登山へと同じカテゴリの前後4件

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216