ホーム

ブログ

2011年冬ヒマラヤ

エベレスト街道~キャラバン開始~

2011年冬ヒマラヤ

2010/12/30

エベレスト街道~キャラバン開始~

1228日、カトマンズからルクラへ。ルクラはエベレストの玄関口。ルクラからエベレストベースキャンプまでがいわゆるエベレスト街道。シェルパの村々がエベレストのベースキャンプまで転々と連なる。我々の目的地は約10日間かけてカラパタール(5545M)へ。小島クンはバンコク、カトマンズと辛い物ばかりを食べてピーピー状態。僕は日本を発つ直前からなんとなく風邪っぽくなり、喉が痛い感じ。一人元気なのが亮さん。初めてのネパールに刺激を受けまくりの様子で実に嬉しそうな表情にこちらまでつられて嬉しくなる。ハッピーの連鎖っていいものですね。

カトマンズの朝。小島クンと亮さん
  カトマンズの朝。小島クンと亮さん
 

ルクラ便はもうかれこれ往復を含めると80回?くらい乗っていますがいつも恐怖。入り組んだ山岳地帯をツインオター機で突入してまるで航空母艦のような短いルクラの滑走路に突っ込むのだが、これが実に怖い。またその滑走路は坂道。坂道を上がるように着陸するのだ。そしてたまにですが着陸に失敗する。前輪が吹っ飛び胴体着陸や視界が悪い時には頭から突っ込み墜落、

爆破してしまったこともある。そういえば確か植村直己さんがエベレスト日本隊初登頂の時の偵察隊かなにかでルクラに訪れた時にも胴体着陸をしたとか。私が19歳の時に初めてルクラに来た時も滑走路の端に胴体着陸した後の残骸が転がっていた。

朝靄の中、ギターを担ぎ飛行場へ向かう亮さん

朝霧の中、ギターを担ぎ飛行場へ向かう亮さん

この飛行機でルクラへ
 この飛行機でルクラへ

PC288022

揺れるコクピットの様子
 

揺れるコックピット

ヒマラヤ山脈が
 ヒマラヤ山脈が見える
 
「頼むよ!」とパイロットと不甲斐ない機体にお願いし乗り込んだ。晴天でエベレスト含めヒマラヤ山脈も綺麗に見られたが、ただ風が強く機体は前後左右揺れに揺れ、やはり今回も恐怖であった。無事に着陸した時は機内で「パチパチ」と拍手が沸いた。

 

ルクラ村ではデェンディーと再会。僕が19歳の時に初めてヒマラヤに来た時からのパートナー。そのデェンディーの家に遊びにいったら壁に彼が日本に来た時に撮影した写真があり、懐かしいのは橋本龍太郎氏との記念写真。もう8年ほど前かな。僕もデェンディーも若かったし、また龍さんも・・・お元気でした。こうして山に登り続けている間に気がついたら自身の感覚以上の時間が過ぎていた。自分は何一つ変わっていないのに。まあ~そういうものなのかもしれませんね。

カレーを作ってくれるデェンディー
 カレーを作ってくれるデェンディー

橋本龍太郎さんと。左端が僕で右端がデェンディー

 橋本龍太郎さんと。左端が僕で右端がデェンディー

 吊り橋を渡っています

吊り橋を渡っています

つり橋で亮さんと
 吊り橋で亮さんと

この日はルクラ村から~パクディン村へ。山の生活は寝られるから嬉しい。夜の
9時には寝袋へ。睡眠時間10時間は確保できる。しかも毎日。日本では慢性的な睡眠不足状態が続いていたので、この規則正しい生活が何よりも嬉しいというか助かる。ヒマラヤに行く前によく「野口さん、ヒマラヤ大変ですね」と言われるが、いやいや日本での生活の方が色んな意味で遥かに大変。僕にとってはヒマラヤの方が平和でいい。

 PC288115

PC288112

PC288085

29日、ナムチェバザール村(3440M)へ。道中、何人ものポーター達が荷物を担いでいるがその荷の大きさに驚いてしまう(もう見慣れましたが)。重たい荷で100キロほどとか。ナムチェバザール村はシェルパ族最大の村で週に一度(土曜日)大きな市場が開かれる。その市場を目指して山の下からポーターたちが米や肉から燃料、また生活用品などを運び上げるのだ。あっ そうそうこんな山の中にもパン屋があるのです。パクディン村から一気に600Mの斜面を登ってきたので、その足でパン屋へ。小島クンが「うまそー腹減ったぁ~!」と店内で騒ぐので「シー」と注意したらその瞬間を小島クンに撮られた。あれは復讐か?

「シー」と。
 「シーッ」と。

ナムチェバザールの宿の窓から 

 ナムチェバザール宿の窓から

PC277970

PC288016

PC277955

子ども同士の戦い。
 子ども同士の喧嘩。「やれるものならやって」と聞こえてきそう。
 でも本当にやちゃった。


あっ そして今日は谷口けいさんと偶然にも会った。ヒィヒィー登っていたら上から「ケンさ~ん」と、「えっ」と上を見上げたらニコニコ顔のけいさんが。トレッキングツアーのお客さんをつれてナムチェバザールまで上がっていたのだ。彼女は日本人女性最強の登山家。世界的に有名な山岳賞である「ピオレドール賞」を女性初、日本人初で受賞。そのけいさんと前回あったのはこれまた山。しかもキリマンジャロ。その時は逆で僕が下山中にけいさんが下から登ってきてバッタリ再会。次はどこの山で会うのだろうか。

けいさんと再会!
  けいさんと再会

 クスムカングル峰
 クスムカングル峰

PC298021

 このナムチェバザール村には二泊し、明日は高所順応のため300Mほど登りナムチェバザール村に戻ってくる。高所では高所順応日を作らないで一気に標高を上げれば命取りとなる。このエベレスト街道でも毎年のように高山病の為に亡くなるトレッカーがいるのだ。僕ももう何十回もこのコースを歩いていますが、必ずこの高所順応を丁寧にやっている。

PC277929

PC277928

PC288034


 僕も今日明日で風邪を完治させないと・・・。それでは、またアップしますね。ナマステ!

 

20101229日 ナムチェバザール村にて 野口健

エベレスト街道~キャラバン開始~と同じカテゴリの前後4件

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216