ホーム

ブログ

富士山

今日の読売新聞

富士山

2014/06/29

今日の読売新聞

今朝の朝日新聞・波聞風問にて安井孝之編集委員の「富士山を踏み壊さないために」を読み、次のページをめくったら新刊の「世界遺産にされて富士山は泣いている」の告知が目に飛び込んできた。
昨年までは富士山の世界遺産登録バンザイ!といった報道が目立ちましたが、世界遺産に登録されて一年が経過し、報道のされ方にもだいぶ変化を感じる。このままでは富士山は世界遺産から取り消しになってしまうのではないか、条件付きの世界遺産、課せられた宿題はどこまでクリアしたのか、などなど。取材を受けていると、集中する質問というものがあり、それで人々の意識の「流れ」が見えてきたりするものです。
条件付きの世界遺産、つまり富士山の世界遺産は仮免許のようなものですが、でも、それらの課題を一つづつ解決していけばいいのだから、そう後ろ向きになる必要もない。これからですよ。これから!では、これから山へ。
10489714_536777829767193_8885122061646914753_n.jpg
10513392_536778013100508_8809308659984249078_n.jpg

今日の読売新聞と同じカテゴリの前後4件

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216