2018年ヒマラヤ遠征

2018/04/25

ヒマラヤ

ヒマラヤにいると日本での出来事が時に小さく感じることがある。でも、それはヒマラヤのスケール感がそうさせているだけで、自分は変わっていないのだろうとも。そしてヒマラヤの1日1日はとても濃厚な蜜のように体に染み渡る。

同じ一日でも環境によって感じ方には様々。今日も歩きながら何かと出会う。それは山や自分の中の景色であったり。

ヒマラヤ高原を舞う砂が顔を叩きつける時にこの一粒一粒が1人の人生の生き様みたいだと感じる。ヒマラヤでは人も一粒の砂と変わらない。点とした存在。吹き溜まりに埋もれる事もあれば風によって吹き飛ばされ彷徨うことも。

さて、今日も1日が始まる。
31277558_1447125258732441_8760504667398891947_n.jpg
タンボチェの丘からのエベレスト、ヌプツェ、ローツェ。
31301976_1447125315399102_4294261132587574319_n.jpg
一日の始まり。
31288012_1447125335399100_7640437021567565271_n.jpg
31232505_1447125388732428_4573485733937522657_n.jpg
静かな一日の終わり
31234982_1447125392065761_6261300905372966625_n.jpg
31265501_1447125432065757_8901174956527977337_n.jpg
雲がまるで生き物のように瞬間瞬間を表情を変化させながら生きている。
時に穏やかに時に激しく。雲の隙間からヒマラヤひだが薄っすらと姿を現しては消える。

ヒマラヤと同じカテゴリの前後4件

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216