ホーム

ブログ

登山関係

産経新聞「直球&曲球」掲載されました。

登山関係

2022/06/02

産経新聞「直球&曲球」掲載されました。

産経新聞「直球&曲球」掲載されました。

2022年6月2日掲載
「平賀カメラマン遭難...残った手のぬくもり」

この4月、2年半ぶりにヒマラヤへ入った。4度目のマナスル峰に向けた調整だった。2019年秋、マナスル峰へ3度目の挑戦をするも、山頂まで標高500メートル手前で撤退。登頂して無事に生還する姿をイメージできなかったのだ。ヒマラヤで20年来ともに挑戦してきた平賀淳(ひらが・じゅん)カメラマンに「大変申し訳ないが、ここで下りよう」と告げた。雪が降る中、ベースキャンプに到着した際、平賀さんは「登頂はできなかったですが、僕たちが生きて戻るという約束は果たせましたね」と僕の手を握ってくれた。

彼が突然、僕のところに現れたのは02年。「これからカメラマンをやります。僕をヒマラヤに連れて行ってください」。「カメラはあるの?」に「いや、カメラは持っていません。野口さんのカメラをお借りしたいです」に驚かされた。「なんてずうずうしい男だ。しかし、雰囲気を持っているな」と。気がつけばエベレスト清掃活動で彼がカメラを回していた。すぐにシェルパたちとも打ち解け、初めての遠征ですっかり野口隊の主要メンバー面をしていた。05年シシャパンマ峰、07年エベレストと、ともに8000メートル峰に登った。緊張する場面でも彼の人懐こさに皆がほほえんだ。ある時にふと感じたことがある。カメラを向けられると人はついつい構えてしまうが、彼が向けるレンズには笑顔がある。人柄がレンズを通して伝わってくるのだ。その平賀さんとマナスルに向け何度も話し合った。「今度こそ『。』を付けましょう」と。

この春、僕はヒマラヤに。平賀さんは撮影でアラスカの山に。しかし、僕がヒマラヤから帰国した直後、平賀さんの遭難の第一報が。「僕より先に人生に『。』を付けてどうするんだい!」と空に向かってつぶやいた。どんなに気を付けても避けられない遭難もある。報道で「山岳カメラマンの第一人者」と大きく紹介されていた。「カメラすら持っていなかった男がよくぞここまで頑張ったな」と褒めてあげたい。

しかし、残された者は...。マナスルで平賀さんに手を握ってもらったあの温かさがいまだに僕の手に残っている。
20220917193152.jpg
20220917193509.jpg20220917193508.jpg20220917193507.JPG20220917193507.JPG20220917193506.JPG

産経新聞「直球&曲球」掲載されました。と同じカテゴリの前後4件

2022/09/02 産経新聞【話の肖像画】2
2022/07/18 淳君
2022/05/19 平賀カメラマンの訃報
2022/09/29 【話の肖像画】28

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216