ホーム

ブログ

戦争 , 政治

小池百合子さん 防衛省大臣就任について

戦争 , 政治

2007/07/04

小池百合子さん 防衛省大臣就任について

 久間防衛相が「しょうがない」発言で辞任。そして小池百合子さんが女性初の防衛相に就任。夕方に私の携帯メールに「小池百合子、防衛相に就任」の知らせが届いた。昨日、議員会館で小池さんと面会していましたが、一言もその話しが出ていなかっただけに、突然の久間氏の辞任であり、そしてまたまた突然の総理から小池さんへの依頼だったのでしょう。安部政権発足の時に閣僚名簿に小池百合子さんのお名前がなく、もったいないなぁ~と感じていただけにやっと閣僚に戻ったと嬉しい反面、あのおぞましい久間氏の「原爆投下はしょうがない」発言の尻拭いをさせられるのかぁ~と複雑な心境。
 
 確かに以前から歴史家の中から久間氏のような発言はあることはあった。例えば原爆が投下されなかったら本土決戦になっただろうと、そうなれば広島、長崎以上の死傷者が出ただろうと予測したり、また終戦に踏み切るのが遅れソ連に北海道を占領され、まるでドイツのベルリンの壁のように北海道だけが日本から切り離されただろうだとか、したがって原爆は結果的に犠牲が少なかったとの意見はあることにはあった。しかし、それらは所詮は歴史家、評論家の責任のない方々の空論、戯言に過ぎない。彼らには実際に原爆で亡くなり、また未だに苦しみ続けている被害者の気持ちなどどうでも良かったのだろう。私はそんな彼らの意見を軽蔑していたが、しかし、所詮、彼らには社会的な影響力は持たない、いや持てない、その程度の輩だと気にする事もないかと感じていた。

 しかし、今回はそれらとは明らかに違う。政治家であり、まして日本の国防の最高責任者である防衛相の発言だ。「しょうがない」は九州の方言だと久間氏は弁解するが、そんな言い訳が通用する訳がないでしょう。アメリカは未だに原爆投下に対して謝罪をしていない。慰安婦問題で日本に注文をつけるアメリカ議会。それとは別問題かもしれないが、日本はアメリカに「原爆投下を謝罪せよ」と強く強くと要求しなければならない。それなのに、国防の最高責任者が「しょうがない」と発言した。怒りというよりもなんとも情けなく悲しい。辞任は当たり前。

 そんな久間氏の尻拭いを小池さんがするのかぁ~と、ただ小池さんなら出来るだろうと期待もしています。「機械発言」にせよ「無党派は寝ていればいい」だとか、今回の「しょうがない」発言にしろ、日本の政治家は言葉にセンスのない人が多い。
環境相時代から小池さんと接してきていつも感じていたのが言葉が適確でまたセンスがある。そしてなによりもバランス感覚が優れている。グランドデザインを描く事に関しては天才的だ。
 
 度胸と決断力もそれは男顔負け。また現場を重んじる小池さんなら制服組の苦労も理解されるだろう。防衛庁時代から背広組みと制服組みには温度差があり、必ずしも意思疎通がうまくいっていたとは言えない。小池さんならクリアできるだろう。環境省から総理補佐官、そして女性初の防衛省(もちろん防衛庁時代を含む)大臣と休む間もなく活躍し続ける小池百合子さん。さぞかし大変でしょうが、私にはその先の「女性初の官邸の主の姿」が目にうかぶ。これからも小池百合子さんを応援します!
 

小池百合子さん 防衛省大臣就任についてと同じカテゴリの前後4件

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216