ホーム

ブログ

富士山

産経新聞連載「再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい」

富士山

2022/01/13

産経新聞連載「再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい」

2022年1月13日の産経新聞連載コラム。
先月に続き富士山の噴火について。富士山噴火について話をすると「そうは言っても大丈夫でしょ」「ずっと先の事だよね」といったリアクションが実に多い。専門家の人達が抱えている強烈な危機感とのギャップが大きい。富士山の噴火についても繰り返し伝え続けていきたい。

2022年1月13日掲載
「再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい」

新年早々、富士山の噴火について書くのもどうかと思ったが、富士山周辺で地震が増えている。先日、小笠原諸島で震度5強の地震が発生。南海トラフ巨大地震の前兆ではないか、との指摘もある。富士山の雄大な姿を眺める度に、その裏でひそかに進行している、もうひとつの面をリアルに想像して「ゾッ」とする。そう、この美しい富士山もいずれ噴火する宿命にあるのだ。

ある専門家は「富士山は300年ぶりに向けたスタンバイ状態に入った」と強く警鐘を鳴らす。富士山が最後に噴火をしたのは1707年の宝永噴火。実はその49日前に南海トラフ沿いでマグニチュード8・6の宝永地震が起きていた。多くの専門家は「宝永地震」と「宝永噴火」は連動していると考えている。今後30年のうちに70~80%の確率で起きるとされる南海トラフ巨大地震。仮に富士山噴火と重なれば、建国以来、最大規模の自然災害になるだろう。

次に専門家が注目するのは東日本大震災4日後に富士山の地下14キロで震度6強の地震が発生し、マグマ溜(だ)まりの真上の岩盤に亀裂が入ったことだ。その結果「富士山は噴火しやすい状態に入った」と衝撃が走った。「あの時に噴火しなかったのが奇跡のようだ」との声もある。

リアルに想像してみれば火山灰は東京を越え、房総半島にまで降り注ぐ。屋根に積もった火山灰に雨が降れば重みを増し家屋を押し潰す。火力発電所は吸気フィルターが詰まり停止。ネットなどの通信網も被害を受ける。大規模停電は避けられない。最速で噴火2時間後には火砕流が富士山麓の住宅街の一部を襲う。溶岩が太平洋にまで達すれば新幹線や高速道路網も寸断。インフラもまひし、食糧危機にも襲われるのだ。

今はコロナ対策ばかりに意識が集中する。しかし、意識が一方向に向きやすいときにこそ気を付けなければいけない。安全保障にも通じる話だが、その隙を狙われたらひとたまりもない。その被害はコロナどころではないだろう。犠牲を少しでも減らすため、国家の中軸である首都機能が不全に陥らないためにも、対策を講じるべきである。
271891978_4443010515810552_5920999655999809880_n.jpg

産経新聞連載「再び富士山噴火に警鐘を鳴らしたい」と同じカテゴリの前後4件

2021/06/23 富士山クラブ総会
2021/12/16 産経新聞「直球&曲球」

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216