ホーム

ブログ

戦争 , 遺骨調査・収集

4370体のご遺骨日本に戻らず

戦争 , 遺骨調査・収集

2009/11/28

4370体のご遺骨日本に戻らず

 とても残念なお知らせがあります。先日、遺骨収集のためフィリピンに入っていた空援隊が帰国しましたが、4370体ものご遺骨を収容したものの、フィリピン政府からフィリピンからの持ち出しを止められてしまいマニラの日本大使館に保管されたまま。空援隊の倉田さんは「めちゃくちゃ悔しい。フィリピン中のジャングルの中からご遺骨を見つけ出して、苦労してマニラまで運んだのに止められた」と話していましたが、私自身この8月に1555体のご遺骨と一緒に帰国を果たしたが、
その過程での苦労を実際に経験しているだけに、倉田さんの無念さを十分に理解できます。1555体でも遺骨のカウントから焼骨までを行うのに三日間ひたすら続けた。今回は4370体であったわけですから、空援隊のメンバーは連日徹夜で作業を行うこととなった。残念ながら今回、私は参加できなかったですが、メンバーの行動に感謝しまた誇りに感じています。

 1つにはご遺骨の焼骨行為が問題となっていますが、今回行ったイフガオに関しては違法行為ではないと地元行政から許可を頂いていたはず。次の問題はODAとの絡みです。フィリピン政府なり地方自治体から遺骨収集に協力する代わりに援助をしてほしい、といった交換条件を付き付けられているといった情報もありますが、発展途上国にありがちな事ですが、これはどうなんでしょうか・・・。フィリピンに限らずパラオなど他の南方地域ではよくある話とのことですが、私はとっても残念。ODA要求のために何故にご遺骨が巻き込まれなければならないのか。もしこれが事実ならば日本政府は毅然とフィリピン政府に抗議するべき。そもそも遺骨とODAはまったくの別問題です。ODAの取引材料に遺骨が利用されたとするのならば、彼らの見識を疑う。いずれにせよ、この問題は両国政府の問題であり、我々空援隊は外野から見守ることしか出来ないのがなんとも歯がゆい。一日も早く解決して頂きたい。産経新聞に記事が掲載されましたのでご覧ください。

野口健



「比に足止め 旧日本兵遺骨4370体 法違反? ODA要求?」

政府派遣団による遺骨収集事業で今月、フィリピンから持ち帰る予定だった旧日本兵の遺骨 4370体分が突然、同国政府側からストップをかけられ、マニラの日本大使館倉庫に保管 されたまま"足止め"状態になっていることが26日、分かった。フィリピン側は遺骨を焼く (焼骨)行為などが法律違反に当たるとしているが、現地では「ODA(政府開発援助)との 引き換え」を示唆する自治体幹部もいたという。政府は外交ルートを通じて、フィリピン側と 交渉を開始、解決の方策を探っている。

 4370体の遺骨は、国の委託事業によってNPO法人「空援隊(くうえんたい)」(理事長 ・小西理(おさむ)元衆院議員)が今年9月以降、同国の各島から収集したもので、今回、 政府派遣団が新たな収集分と合わせて、日本に持ち帰る予定だった。

 ところが今月18日、カモテス島で行う予定だった収集作業に対し、管轄の州知事から突然、 「許可を出せない」との連絡が入った。驚いた派遣団や現地の日本大使館員が確認したところ、 地元自治体幹部が「日本からのODAが来ないので、遺骨収集も行わせない」などと発言して いることが分かった。
 
 また、遺骨を持ち帰るには日本の検疫と輸送時の分量を減らすために、現地で焼骨を行うことに なっているが、それに対しても、フィリピンの保健当局が、「公衆衛生法違反の疑いがあり、 許可できない」と通告してきた。

 このため派遣団は日本に持ち帰ることをいったん断念。約80箱の段ボールに遺骨を詰め、 緊急避難的な措置として日本大使館の倉庫に収納して、25日夜、成田空港に帰国。26日に 予定されていた千鳥ヶ淵戦没者墓苑での遺骨引渡式も中止となった。

 フィリピンでは空援隊が現地住民の情報ネットワークを活用した新方式を構築した昨年秋以降、 飛躍的に収集数が伸び、すでに約5千体の遺骨を日本に持ち帰っている。今回、フィリピン側が 突然、態度を硬化させた背景には、「習慣の違いなどに加えて、経済面での要求があるのではないか」 (派遣団関係者)という見方がある。

 担当の厚生労働省外事室は「いくつかの法解釈の違いがあったために手続きが整わなかった。 すでに外務省を通じて、フィリピン側と協議に入っており、(収集した遺骨は)何としてでも 日本に持ち帰りたい」としている。

産経新聞2009年11月27日(金)08:05

4370体のご遺骨日本に戻らずと同じカテゴリの前後4件

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216