ホーム

ブログ

戦争 , 遺骨調査・収集

遺骨収集レイテから戻る~御遺骨収集基金設立へ~

戦争 , 遺骨調査・収集

2009/03/28

遺骨収集レイテから戻る~御遺骨収集基金設立へ~

 昨年から始めた遺骨調査ですが、今回は「遺骨調査」から念願の「遺骨収集」となった。3月17日、日本出発。フィリピン・セブ島へ。3月18日、セブ島から船に乗り込みレイテ島へ。これでレイテ島は二回目となる。まずオルモックに上陸し、ここを拠点に玉砕地となったカンギポット山などでの遺骨調査に収集活動開始。

レイテ島の村々を巡り遺骨に関する情報収集を行う。右・倉田宇山氏
レイテ島の村々を巡り遺骨に関する情報収集を行う。右・倉田宇山

カモテス諸島、ポロ島の海岸付近で無数のご遺骨を発見
カモテス諸島、ポロ島の海岸付近で無数のご遺骨を発見

 今回の最大の目的は今まで発見したご遺骨を祖国に帰すことである。昨年までは、発見しながらも当時の様々な事情により我々民間団体によるご遺骨収拾は禁じられていた。空援隊の倉田宇山氏はじめ多くの隊員と悔しい思いをしながら我々、空援隊の隊員だけで帰国しなければならなかった。

 しかし今回は厚生労働省、外務省の許可を頂き民間団体によるフィリピンでの遺骨収集が可能となった。空援隊による強い要望もあり、厚生労働省は昨年11月、フィリピンでの遺骨収集に限り、鑑定士による鑑定がなくても地域住民の証言によって持ち帰れるようにすると大きく方向転換した。

 そもそもバラバラに飛び散っているご遺骨を日本人であるのか、ないのか、と鑑定すること自体に無理があったように感じる。ご遺骨と一緒に発見される遺留品(日本軍が使用していた武器や水筒、薬などの所持品)からみても、日本の将兵のご遺骨であろうことは容易に想像できるが、祖国日本は「状況判断では認めない」となり、その見解が遺骨収集にとって最大の障害となっていた。

 我々のような主に現場で活動する団体とお役所とでは時に温度差が生じ、また立場の違いなどからすれ違うこともある。えてしてそういうものですが、大切な事は仮に部分的であろうが一歩一歩共に歩んでいく努力であり姿である。今回はご遺骨収集後に行われる焼骨式から政府派遣受領団(厚生労働省援護局の職員2名)が合流。私たちが願っていた官民の連携がようやくスタートした。

P1030171御遺骨を部位ごとに分ける


御遺骨を部位ごとに分ける

 国から許可が出続けないのでれば、こっそりと隠しながら非合法であろうとも、ご遺骨を日本に持ち込むことも最終手段として可能であろうし、またそんな事を考えていたのも事実です。しかし、お国のために亡くなった英霊たちをまるで犯罪者の如くこっそりと帰国させるのは彼らに対しこの上なく失礼だ。「60年間、お疲れ様でした。お帰りなさい」と正式にお迎えするべき。故に祖国から理解を得て一緒に帰国できることになった事がなによりも嬉しかった。

 この度の空援隊御遺骨収集団は2班に分かれて活動を行った。1つは冨田一也さん(ルソン統括事務所長)率いるルソン島を中心にしたルソン班。そして私が参加したレイテ班(レイテ島・カモテス諸島・セブ島)。

 レイテ班の参加者は9名(倉田宇山、小林元喜、藤岡誉司、野口剛、湯山由美子、坂井勝千代、西村秀一、鳥羽ひより)。

 倉田さんはNPO法人空援隊の設立代表発起人。空援隊は「何が何でもご遺骨を祖国に還す」という倉田さんの強い想いによって設立された。西村さん、鳥羽さんは倉田さんと共に歩んでいる空援隊のスタッフ。
小林元喜は野口健事務所のスタッフ。藤岡さんは大阪でハーレーダビッドソン(オートバイ)を販売している。昨年10月に続き今回で2回目の参加。湯山さん、坂井さんは横田米軍基地で勤務。野口剛さんは私の行きつけのお寿司屋さん(金多楼)の若旦那。

バラバラに砕けたご遺骨
バラバラに砕けたご遺骨をホテルに持ち帰り何体分になるのか細かく調査が行われる

 昨年10月にレイテ島で発見し確保していたご遺骨と再会し、個体数の特定のためにご遺骨の部位分け作業を行う。頭、手、足、背骨、など部位ごとに分ける。なにしろバラバラに砕け、また全てがそろっているとは限らないご遺骨であるから個体数を割り出すのに時間がかかる。例えば右足が一本しかなくても左足が二本あれば二名分とカウントされる。可能な限り何人分のご遺骨なのか把握するためにも細かく砕けた部位ごとに分ける緻密な作業が必要なのだ。

前回、レイテでのご遺骨調査で発見されたご遺骨
前回、レイテでのご遺骨調査で発見されたご遺骨

国立博物館職員によって個体数の特定が行われる
<国立博物館職員によって個体数の特定が行われる


 ご遺骨の個体数を特定し、公正証書とご遺骨証明書を取得してから焼骨式が行われた。鳥羽ひよりさんによる「君が代」演奏に涙した。あの灼熱地獄のジャングルの中で聴いた君が代は生涯忘れることができないだろう。振り返ると小林も藤岡さんも同じく涙であった。

空援隊隊員、鳥羽ひより氏による「君が代」吹奏
空援隊隊員、鳥羽ひより氏による「君が代」吹奏

焼骨式に準備
焼骨式に準備


こうしてご遺骨の焼骨式が始まった
こうしてご遺骨の焼骨式が始まった

 今回は我々が収集したご遺骨はルソン島232体、レイテ島23体、カモテス諸島(ポロ島)45体、セブ島187体の合計419体。1月には空援隊が調査した500体ものご遺骨がすでに帰還されているので3ヶ月間で1000体を超えた。今までフィリピンに限らず戦場となった世界各地から日本に帰還するご遺骨は年平均600体。したがってこの空援隊による1000体もの収集は過去を大きく上まった。

あまりにも永かった60年間・・・
あまりにも永かった60年間・・・

 今までの遺骨収集と空援隊との違いはどこか。まず空援隊が徹底して行ってきたのは現地での情報収集。セブ島やルソン島に現地事務所を設置し、現地のスタッフによるフィリピン中を歩き回り情報提供を呼びかけている。闇雲にジャングルを歩いてもご遺骨がそう簡単に見つかるわけではない。戦争当時、日本軍と戦ったフィリピン兵士や村人などの証言を集めその現場を1つ1つ巡る。この情報が途絶えるとご遺骨収集は極めて困難となる。したがって我々が焦っているのはあと5年も経てば当時を知る人々が確実に減っていく。故に情報が集まりやすいこの5年間が勝負なのだ。

焼骨後のご遺骨を集める
焼骨後のご遺骨を集める

 時にお役所から見れば空援隊のやり方は強引にうつるのかもしれない。しかし、私はこの問題は、決意の問題だと感じている。何が何でもご遺骨を日本に還すのか、それとも還さないのか。強い決意と覚悟があればたかだか数ヶ月間で1000体ものご遺骨を帰還させることができたのだ。逆に消極的ならばやらない理由を探すだろう。

 国のために命を落とした英霊たちを国は野ざらしにしている。にも関わらず、多くの日本人はご英霊の存在すら忘れている。また私たちが遺骨収集を行っているのは英霊やご遺族のためだけではない。国のために命を賭けた人々に対して敬意を払わなければ、これから一体誰が国のために命を賭けるのか。そんな国はいずれ滅びるだろうに。

 実際にこのようなデーターがある。2000年の電通総研の調査によれば「国のために命を賭けられますか」といったアンケートに日本人は15パーセント、ドイツ人は33パーセント、アメリカ人は63パーセント、ロシア人は63パーセント、韓国人にいたっては75パーセントだ。愛国心を強要するするつまりは毛頭ないけれど、祖国を愛せないのは悲しいことです。我々、空援隊はこれからの日本のためにも遺骨収集を続ける。

 7月25日、ご遺骨と共に帰国。驚いたことに成田空港に小島敏男先生(自民党副幹事長)、戸井田とおる先生(自民党・厚生大臣政務官)、中山泰秀先生(自民党・外務大臣政務官)、泉ケンタ先生(民主党)、安部知子先生(社民党)といった政治家の先生方がご遺骨のお出迎えのために整列されていた。そしてメディアの数々。やっとやっとこれで堂々と凱旋帰国できたのかと思うと、グッと込み上げるものがあり、取材にも声が出なくなり、記者会見では不覚にも涙してしまった。

レイテ島 229
やっと日本の土を踏むことができました


 来年度の収集目標は2500体。厚生省に対し収集活動費に関する予算を付けて頂きたいと要望し、またこの問題は国のみならず全ての日本人、また日本社会にも関係があると私は強く感じています。帰国後、成田市内で記者会見を行い「御遺骨収集基金」設立を発表。基金を通してご遺骨の措かれた状況を訴え、多くの日本人と一緒になって一体でも多くのご遺骨を祖国日本に還したい。

DSCF0970
帰国後の記者会見
 
 帰国後、自民党本部にて遺族会会長の古賀誠先生と面会。国の協力をお願いしました。古賀先生のお父上もレイテで戦死されていらっしゃる。「野口さんたちの活動に対し遺族を代表して感謝します。私の父も喜んでいるでしょう。これからはいつでも相談してください。精一杯対応させて頂きます」と、そして靖国神社に参拝。

P1030339
古賀誠先生と


戸井田と野口3
厚生労働大臣政務官の戸井田とおる先生にご報告と今後のご協力をお願いした

P1030323
靖国神社に参拝し、今回の活動活動報告を行った


空援隊はこれからフィリピン全土で調査を行う。私もヒマラヤから帰国した後、空きからフィリピンでの活動に合流したい。


 最後にレイテ島に住まいを構え遺骨を捜し続けている青木和子さん(82歳)の言葉を紹介したい。

レイテで遺骨調査を続けてきた青木和子さん
レイテで遺骨調査を続けてきた青木和子さん

 「私の兄は21歳の時にレイテで戦死しました。何一つ、還ってこなかったんですよ。私はこの30年間ずっとレイテで兄を、日本兵のご遺骨を、探し続けています。遺族にとっては指一本でも見つけ日本に返したいんです。それが遺族の気持ちです。それなのに国はなにもしてくれない。国のために死んだのに、そんな国ってありますか」


御遺骨基金の振込先
  三菱東京UFJ銀行 京都支店  
  普通口座 6816051
  口座名 トクヒ)クウエンタイ
お問い合わせ窓口は 空援隊事務局 電話075-321-4661になります。

以前に参加したご遺骨調査の詳細はこちらから
2008年3月「遺骨調査団に参加して」
2008年10月レイテ島・遺骨調査の報告

毎日jp 野口健さん:海外戦没者の遺骨収集 比で活動開始

毎日jp 野口健さん:比で419体の遺骨収集 声詰まらせ帰国


kokka
御遺骨収集に対する思いを本の中でも書いておりますので、
こちらも是非ご覧ください。
日経プレミアシリーズ
「自然と国家と人間と」本体 850円(税込893円)
発売元:日本経済新聞社



2009年3月27日 野口健
 

遺骨収集レイテから戻る~御遺骨収集基金設立へ~と同じカテゴリの前後4件

カテゴリー別

ブログ内検索

野口健公式ウェブサイト


(有)野口健事務所 TEL: 0555-25-6215 FAX: 0555-25-6216